学生がお金を借りることができるのか?

キャッシングとは便利なものです。本当ならお金がなければ、どんなに欲しい物があっても、お金が貯まるまで待つ必要がありますし、時には他の人に買われてしまい、諦めなければならないこともあります。しかし、キャッシングができれば、欲しい物を直ぐに買うことができます。

 

もちろん、借りただけですから、後で返済する必要はありますが、だからといってお金がないから諦めてばかりいては、人生がつまらなくなってしまいます。学生時代には、欲しい物がたくさんあります。しかし、学生はあまりお金がありませんから、欲しい物を手にいれるには長い期間が必要になります。

 

また、デートや合コンと他にもお金が必要となる場面がたくさんありますし、彼女がいる人なら、誕生日プレゼントなどの出費も金額的には大きいものです。

 

そこで、キャッシングの出番になるのですが、学生でもキャッシングが可能なんでしょうか。実は、学生でもアルバイトなどの安定した収入がある方であればキャッシングが可能です。もちろん、返済を視野に入れたアルバイトですから、短期的なアルバイトではなく、継続的なアルバイトである必要があります。特に申し込みの際にアルバイトの証明が求められるわけではありませんが、やはり返済することを考えれば、長期的なアルバイトが好ましいでしょう。

 

学生 キャッシング

 

モビット

モビット

  • 限度額 :1〜800万円
  • 貸付利率 : 3.0%〜18.0%(実質年率)
  • 遅延利率 : 20.00%(実質年率)
  • 保証人担保 : 不要

 

10秒簡易審査で迅速対応!

 

電話連絡なし & 郵送物なし!!

 

インターネット上で契約を終結出来るWEB完結での申し込み方法もあります。

 

利用はWEBから振り込みキャッシングで、ご自分の銀行口座に直接振り込んでもらうことが可能なので利便性が優れています。(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

 

なお、申し込みの際には、身分証明書が必要となりますが、運転免許証や住民票などが簡単に用意できるのでオススメです。また、学生ということになると、名門大学や医学、薬学といったお金持ちの学生しかキャッシングできないと思われるかもしれませんが、そういったことは特にないようです。しかも、申し込みはインターネットでも可能なので、それほど手間もかかりません。

 

それでは、次にキャッシングする場合の注意点になりますが、やはり学生ですから、返済能力はサラリーマンよりも随分劣りますから、あまり借金の金額が大きいのは好ましくありません。もちろん、在学中に完済しなければならないわけではありませんが、就職もしていないのに、就職後の収入をあてにするのは得策ではないため、やはり、就職が決まるまでの間は、今のアルバイトの収入で在学中に返済できる金額に抑えるべきでしょう。

 

返済できる金額を計算するためには、返済計画を借金をする前に立てる必要があります。

 

返済計画とは、自分の収入と生活費などの支出をまとめ、毎月どれくらいなら返済に回すことができるのか計画するものです。

 

ここで注意したいのが、収入は確実なものだけにしてください。親から貰えるかもしれないお小遣いや、

 

競馬やパチンコといった賭け事による収入は当然のことながら計算外としてください。

 

また、支出については、あまり切り詰めた計画にならないようにする必要があります。計画している時は出来そうな気がするでしょうが、実際には、切り詰めた生活というのは長続きしませんから、ある程度は余裕がある計画にするのが好ましいです。

 

そして、返済期間もあまり長くならないようにすべきです。1年程度が望ましいですが、長くても2年以内にしておくと、いざという時には返済期間を伸ばして対応することもできます。

 

借金する時に、返済計画まで立てるのはやり過ぎと思われるかもしれませんが、まだ収入の安定していない学生時代のキャッシングなわけですから、後で親に泣きつくようなことにならないように、しっかりとした返済計画を立てるのは大事なことです。どうせなら、賢くキャッシングをして、楽しい学生時代を送りましょう。