一本化ローン

金融会社や消費者金融で複数ローンを組んでいたり借り入れしていたりする場合、各借り入れ先への毎月の返済や振り込み手数料は相当なものとなってきます。
自分がどこでどれだけ借り入れているのか、ローンがいくらあるのかを把握しにくくなります。

 

そのような時全てを一本化して把握しやすくするのが一本化ローンです。
その際に注意するのが低金利の金融機関を利用するということですので、以下参考にしてみてください。

 

モビット

金融機関 実質年率 融資限度額 無利息期間

モビット

3.0%〜18.0%

1〜800万円

なし

特徴 パートまたはアルバイト レディースキャッシング 即日振込

10秒簡易審査

安定した収入のある方

なし

可能

 

 

 

 

複数の借り入れを金利の高いローンから金利の低いローンに一本化することで

 

支払い総額を減らし、毎月の元金支払いや利息支払いを減らせるのが

 

最大のメリットです。その他にも、他社の残債を満額返済することになるので、

 

信用情報にものることがないので、世に言うブラックリストにものることもないので、

 

そのようなメリット副産物的に手に入ることになります。


 

返済期間を長く設定することで月々の返済額が減り、金利が下がった分を支払いに
回せる事で返済期間が短縮できるメリットもあります。

 

色々な金融機関からの支払い期日に追われる生活から精神的に余裕のある生活を送れるのもメリットです。

 

一般的に月収の2割以内の返済額なら無理がないと言われています。金利の低いローンにまとめても、
毎月の返済額を高くしたため滞納したり遅延損害金が発生して余計なお金が必要になる事もあります。

 

また返済金額のゆとりだけを考慮し支払い総額が増えてしまうことにもなりかねません。
金利の低いローンにまとめた事で余裕ができ新しい借り入れが可能になりさらに借金を増やす結果となる可能性もあります。

 

一本化ローンといっても借り入れがなくなるわけではありません、自分のローン状況を把握し返済計画を見直し無理のない
返済計画を立てる事が大切なことです。

 

そして注意しておきたいのが、ただ単に返済に追われているような状況を言う状態では、当然のことながら融資が実行される事は
極めて困難を極める可能性が十分に考えられます。こういった場合には任意整理という方法が、最善の選択となるケースがあるので
当然のことながらケースバイケースということになるかと思います。

 

どちらにしてもメリットとデメリットというものは共存してきますので、個人の現状、ご自分の将来設計、といった所をもう一度
考え直して利用するのが最善の策といえるかと思います。