あなたの収支管理は大丈夫?!

公的貸付制度

借金などせずに自分で稼いだお金だけで生活できれば理想的です。

 

しかし現実にはそれは理想でしかなく、例えば住宅ローンや自動車ローンなど、実際に借金とは無縁である、と云う人の方が少ないのではないでしょうか。であれば、生活の足しとしての借金はあながち「悪いもの」というイメージで捕らえるべきではもはや無い時代だといえるでしょう。言い換えれば、食事をするように自然に生活費としてキャッシングをする時代がそこまで来ているのです。

 

もちろん競馬やパチンコなどギャンブルのためにする借入は論外であり、それは生活の為というより純粋に遊興費です。賢くキャッシングを利用する為、生活の足しに利用する際のメリットとリスクをしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

 

キャッシングの目的として「生活費の補填」は常に1位にランクイン

 

それだけ必然性があるということで、特に子育てに忙しい世代ほど毎月の生活費を一定数確保するということは重要なことなのです。

 

ただ、その場しのぎの補填と云う意味で借り入れるのであればそれは純然たるリスクに他なりません。

 

しかも「その場しのぎ」が定期的に訪れる可能性があるのならば、それはすなはち生活自体の破綻であり、早晩自転車操業的な借金は立ち行かなくなるでしょう。キャッシングの際に大切なのは額や頻度ではなく、「確実に返せるのか」すなはち適正度の問題であるといえます。

 

例えば月々の給与では足りない分をキャッシングで補い、後々ボーナスで補填する、というサイクルが確保できる、すなはち借りた分を利息も含めて確実に返せてそのサイクルを継続できるあてがあるならば、それは適正なキャッシングである、と云ってよいでしょう。借り入先があくまで1軒である場合は特にそれほど深刻な問題にならない場合がほとんどです。

 

ある程度長期的なレンジで返済計画を立て、尚且つそれが可能であるならば適正な借入である、とみなして良いでしょう。ですが度重なる借金に麻痺してしまい、生活レベル自体が適正でない水準になってしまえば、1度上げた生活水準を元に戻すということは不可能に近く、いずれは確実に行き詰ります。実際具体例としてそのような事例が多いので、生活の為のキャッシング=悪いこと、のように見られてきたのです。

 

自分達の生活レベルを知るというのは家計簿の「視覚化」

 

もしも毎月新規の借入が減らないようなら、根本的な理由を探ってみることが大切です。そこには必ず「足りなくなる理由」が存在しているはずだからです。例えば支払うべき家賃が高いのか、それとも外食の機会が多すぎるのか、あるいは外食に費用をかけすぎるのか、しっかりと出来るだけ具体的な理由を上げることが大切なポイントです。

 

この「足りない理由」を探ることこそが、根源的な家計の見直しにつながるのです。手始めに、1ヵ月の収入の使い道をつまびらかにしてみることをお薦めします。ノートや既製品の家計簿で構いません。いずれかの箇所で思いも寄らない無駄な出費が見つかるかもしれません。本能的な危機感でキャッシングをしたくなったなら、相応の理由が必ず存在しています。それを知ることが生活を根本から立て直すチャンスです。

 

その上で一切無駄な出費が見つからない、という場合は明らかに通常の収入が不足している状態ですから、単純に収入を増加させる工夫や努力が必要になるということです。パート勤めやアルバイトなど新たに検討する余地があるでしょう。注意したいのは、返す為に新たな借金を作る、といういわゆる「多重債務」に陥った状態です。

 

借金のための借金は債権者の感覚を思いのほか早く麻痺させ、生活は単に借金に拍車をかけるだけのものになってしまいます。「何故足りないのか」をこの機会にじっくり考えて、見直しを図るチャンスをしっかりと活かす様にしましょう。
即日キャッシング